Global Threat Hunting & Intelligence Conference 2020開催案内

2020/11/21
logo

Global Threat Hunting & Intelligence Conference 2020は、最先端のサイバーセキュリティの専門家と、金融およびテクノロジー部門、大規模な小売および産業企業、法執行機関の研究者が結集します。

会議の目的は、セキュリティの課題の予防、検出、および対応するために、最新の調査結果を提示し、専門知識を共有することです。

参加対象者は、CISO、CIO、脅威ハンターと脅威研究者、インシデントレスポンダーと調査担当者、SOC専門家、TIアナリスト、侵入テスト担当者など、さまざまな参加者を想定しています。

会議では、実践的なアイデアや技術を学び、交換する機会となっています。

会議は英語で行われますが、ロシア語で同時通訳されます。

もし、参加をご希望の方はご連絡願います。

 

アジェンダ(2020/11/25)

Day 1(GMT +1)

トピック
8:00-8:20 はじめに、グループIBエコシステムの概要

8:20-9:10

9:10-9:15

9:15-9:25

2020-2021年のハイテク犯罪の傾向

休憩

主賓による紹介:現代のサイバーセキュリティの展望

9:25-10:05 グループIB脅威インテリジェンスおよびアトリビューション製品の紹介
10:05-10:50 サイバー犯罪行動チェーンに摩擦を加える

10:50-11:20

11:20-11:25

11:25-11:45

メッセンジャーから武器開発者の秘密まで

休憩

Toolmarks Tell The Story

11:45-12:15 Three, Two, One, Encrypt!
12:15-12:20 閉会の辞

 

アジェンダ(2020/11/26)

Day 2(GMT +1)

トピック
8:00-8:10 はじめに、議題の概要

8:10-8:55

8:55-9:00

9:00-9:30

Group-IB脅威ハンティングフレームワーク製品の紹介

休憩

歴史とサイバーは繰り返す

9:30-10:00 ランサムウェア攻撃、2020年の戦術、技術、手順

10:00-10:30

10:30-10:35

10:35-11:05

ランサムウェアがATMの巨人を攻撃した時—Diebold-Nixdorf事件が分析されました

休憩

Carding Action 2020

11:05-11:35 グループIBの調査:弊社は御社のインシデントにどのように対処しますか?
11:35-11:45 閉会の辞