韓国では、ハッカーがスマートホームカメラをハッキングし、親密なビデオをダークウェブで販売しました

2021/12/02 セキュリティーニュース
logo

韓国政府は、ハッカーが何百ものスマートホームデバイスにアクセスし、それらを使用して作成された親密なビデオをダークネットで販売し始めたことが判明した後、国のオンラインセキュリティルールを改訂する必要があると発表しました。

 

サイバー犯罪者は地元のジャーナリストによって暴露されました。 IT朝鮮の記者がバイヤーの役割を果たしました。 彼は何とか売り手と連絡を取った後、0.1ビットコインで一度に複数の家からの写真のアーカイブを購入することを申し出ました。

 

地元メディアは、犯罪者の逮捕についてまだ報道していません。 多くのスマートホームの所有者は、製造業者がハッキングすることは不可能であると述べていたので、深刻な懸念を表明しました。

 

IT朝鮮の専門家によると、ハッカーが1つの家のセキュリティシステムを迂回することに成功した場合、建物のネットワークに接続された近隣のアパートからのビデオ録画にアクセスすることもできます。 韓国では、人口の63%がアパートに住んでいます。

 

ある条件が揃うと不正アクセスが可能になってしまうので、ネットワークに繋がっている限り、ハッキングされる可能性があります。外から自宅の様子が確認できるのであれば、そのルートで、メンテナンスルート経由や内部犯行という可能性もありえますし。