厚生労働省が作成した医療機関向け情報セキュリティ研修用動画についてのご紹介

2022/04/30 ブログ
logo

1年前(2021年3月)に厚生労働省が作成した医療機関向け情報セキュリティ研修用動画ですが、その後(2021年10月)にも病院でランサムウェアの被害が発生しました。

 

動画の中でランサムウェア被害にあったアメリカの病院の例が説明されていました。

 

420万人分の情報漏洩、脆弱性が報告された月にサイバー攻撃が発生していること、脆弱性の改修が完了するのに4カ月かかっているが、改修されるまで継続的にサイバー攻撃を受けたこと、現在、情報漏洩に関して訴訟中であること。

 

世界的にみて世界で発生しているサイバー攻撃のターゲット国について、日本は8位までに上がってきています。しかし、日本企業はサイバー攻撃の検知能力が12カ国中最低、世界15か国のデジタル総合力を評価 日本は最下位グループという報告があります。上記の事から、攻撃される件数が増えれば増えるほど、甚大な被害を受ける件数も増えていくものと思われます。早急な対応が必要でしょうか。