銀行のWebサイトのURLについて

2019/11/24 ブログ
logo

金融機関のWebサイトのURLについて、全てのサイトがhttpsなのかという単純な疑問を持ったので、少し調べてみました。

 

ほとんどの金融機関がhttpsとhttpが利用可能のようです。いくつかの金融機関はhttpが無効になっているようです。
残念なことに、いくつかの金融機関はまだ、httpsに対応していないです。
恐らく、金融機関の団体に指針のようなものがないのでしょう。

 

せめて金融機関にはセキュアな対策に率先して取り組んでほしいです。セキュアではない金融機関にお金を預けたいとは思わないでしょうか?

 

httpとhttpsの違いについて、簡単に書いてみます。
http:通信内容が暗号化されておらず、第三者が通信経路上でのぞき見されたり、書き換えられたりする可能性があります。
https:通信内容が暗号化されているため、受けて以外は内容はわからないため、安全です。

 

httpsの方がhttpより安全だということで、SEO的に有利になっているとのことです。